膠原病と蕁麻疹の原因・関係性等について

膠原病と蕁麻疹の原因・関係性等について

スポンサーリンク

膠原病という病気の原因、それと蕁麻疹などの症状がどのように関係しているか、どう向き合って生活して行くかを考えることは大切です。

 

 

【ご存知ですか?】
いまだに世の中には原因・治療法が完全には確立されていない病気が多くあります。
対症療法はありますが、いまだに完全には治癒することができない、とされている病気です。
その一つに、『膠原病』があります。
よく名前を聞くこの病気ですが、病気の詳細、原因についてはほとんど知らない、という方は少なくないでしょう。

 

 

【意味合いに含まれるもの】
膠原病は複数の病気の総称であり、これにはリウマチ、筋炎、肉芽腫、コーガン症候群などが含まれています。
それらを多様な症状で分類すると、関節の痛みや炎症、高熱や発疹などが含まれます。
蕁麻疹(じんましん)という症状とも関係しているとされています。
発疹、蕁麻疹も誰もがなりやすい症状ですが、膠原病の原因として、体の防護機能が過剰に反応してしまう働きが蕁麻疹などの皮膚症状と関連しているようです。
女性に多い病気ですが、他の病気と混同して発見が遅れる場合もあります。

 

スポンサーリンク

【レイノー病について】
膠原病と関連している症状としては、『レイノー症』が挙げられます。
これは手足の先に血液がうまく渡らずに、ずっと冷えている状態になる、血液が送られないので白くなっている、変色する、といった症状があらわれます。
手足の痺れを経験することもあります。
ここに関連して、体の発疹や蕁麻疹という症状が膠原病を原因として現れる場合があります。

 

 

【本当に「疲れ」?】
膠原病は、原因も100%判明はしていませんので、同様に、完全に100%完治させるというのが難しい病気ですが、上手に薬を服用して行くことによって、今までとほぼ変わらない生活を送っていくことは可能です。
薬はステロイドという薬を用いる場合が多くあります。
蕁麻疹などのある意味で日常的な症状、そして手足の痺れや倦怠感、関節の強い痛み、それらを感じたなら、それを「疲れ」として考えてしまうのではなく、まずは原因を考えてみる、必要ならば診断を受ける、ということが何よりも大切です。

 

 

少なからず蕁麻疹などの症状には膠原病が無関係とは言えません。
いまだに原因が10割はっきりしていない膠原病とその原因について一時も早い確率が願われます。

スポンサーリンク