子供の膠原病の初期症状一覧について

子供の膠原病の初期症状一覧について

スポンサーリンク

膠原病は大人と同様に子供がかかる場合もありますが、一口に膠原病と言っても様々な症状が考えられます。
なぜならばいくつかの疾患の総称ですので、様々な症状が大人の場合も子供の場合も現れてきます。
このサイトでは子供にみられる初期症状について一覧の形で紹介していきます。

 

 

【子供の膠原病に分類されている疾患一覧】
子供の膠原病に分類されている疾患は以下の一覧の通りになっています。
若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎、多発性筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、ベーチェット病などがそれに該当してきます。

 

 

これらの疾患はすべて大人の方で発症することが知られていて、その症状を発症してきます。
つまり、大人と同じ疾患を子供であっても発症して一覧にあるような膠原病の症状を発症することになります。

 

スポンサーリンク

【子供の膠原病の初期症状一覧】
若年性特発性関節炎の初期症状の場合は関節に炎症が起きてきますのでその部分で大きな痛みを発症することになります。
全身性エリテマトーデスの場合には体中の臓器に炎症が起きてきますので、それに伴い痛みが起きてきます。
若年性皮膚筋炎や多発性筋炎の初期症状の場合には筋肉と皮膚に炎症が起きてきます。
混合性結合組織病の場合には血管に異常が起きたち炎症が起きてしまうようになります。
シェーグレン症候群の初期症状の場合には、目や口の乾燥が顕著になってきます。
ベーチェット病の初期症状の場合には口腔粘膜、皮膚、眼、外陰部に炎症が起きてくるようになります。

 

 

膠原病を発症しているかどうかは医療機関で検査を受ければ判断することが可能になります。
膠原病であることが判明しても、現在のところ明確な治療法があるわけではありませんので、症状を悪化させない方法をとることになります。

 

 

大人だけが羅漢するものと考えられがちな膠原病ですが、実際には子供であっても一覧に記載されている疾患に感染するものであることが知られるようになって来ています。
大人の場合と同じように子供の場合も確実な治療法がありませんので、一覧にかかれた初期症状を早期発見で症状を悪化させないようにしていくのが現実的な対応といえます。

スポンサーリンク