膠原病による顔の腫れの原因とその対処法

膠原病による顔の腫れの原因とその対処法

スポンサーリンク

膠原病を発症して治療を場合に顔が腫れる場合があります。
これはどのような原因によって起きてくるのでしょうか?このサイトでは原因と対処法について紹介をしていきます。

 

 

【顔の腫れはホルモン療法が原因の場合の対処法】
膠原病はホルモンバランスの悪化によって発症すると考えられています。
ですから、症状を緩和させるためにしばしばホルモン療法が用いられます。
どのような種類のホルモンが治療に用いられるかというとステロイドが用いられています。
ステロイドは確かに膠原病からくる関節などの痛みや腫れにはとても有効なものであるのですが、長期に渡ってそれを用いてしまうとそれが原因になって顔の腫れなどの副作用が出てしまう場合があります。
このような顔の腫れへの対処法としては、担当の医師に相談をしていったんステロイドの服用を止めるといいでしょう。
回復までにはしばらく時間がかかってしまうことも多いのですが、服用を止めることによって顔の腫れは解消していきます。

 

スポンサーリンク

【膠原病に対する他の対処法】
膠原病の治療に用いているステロイドの服用を停止すると、顔の腫れは収まることになりますが、今度は関節などの痛みが悪化してしまうことが考えられます。
医師に相談をして、顔の腫れを誘発してしまうホルモン療法以外の方法をその対処法として検討してみるといいでしょう。
また、ホルモンバランスの乱れが原因となって膠原病の発症に関係しているとするならば、体調を管理を心がけるのも一つの方法になります。
規則正しい生活を送るようにして、更に痛みを感じる部分は極力冷やさないようにするといいでしょう。
そのように心がけておくと、かなり病気の症状を抑えることができるようになります。

 

 

膠原病の治療に用いられることの多いホルモン療法は顔の腫れなどの副作用が起きてしまうことが考えられます。
現代の医学の進歩は目覚ましいものがありますので、ホルモン療法以外の対処法も多く存在していますので、ホルモンが原因で顔が腫れてしまう場合には医者に相談してみるといいでしょう。
原因を医学的に検討することによって他の対処法を紹介してもらえることになるはずです。

 

 

スポンサーリンク