膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹について

膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹について

スポンサーリンク

膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹についてはどのように考えておくのがいいのでしょうか?このサイトでは、膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹への対処法を紹介していきます。

 

 

【膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹:全身性エリテマトーデスの蝶形紅斑】
膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹の原因としては2つのものが考えられます。
1つ目は、全身性エリテマトーデスの蝶形紅斑になります。
この症状は女性に多くみられる傾向があります。
この症状の場合には紫外線に対する感受性が強くなることが多くみられますので、紫外線を浴びてしまうと顔に水泡ができてしまうこともおおくなります。
ステロイドや免疫抑制剤によって症状は大きく回復しますので、医療機関で診断を受けて適切な治療を行って行くことがお勧めになります。

 

スポンサーリンク

【膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹:皮膚筋炎のヘリオトロープ疹】
膠原病のときに顔に現れる赤い湿疹の原因の2つ目は皮膚筋炎のヘリオトロープ疹になります。
この疾患の場合も男性に比べて女性の方が発症しやすいという特徴があります。
筋肉に炎症が起きていますので、疲れがたまってしまったり、脱力感に悩まされることになります。
この疾患の場合もステロイドや免疫抑制剤が治療に用いられています。
出来る限り早期の段階で治療を開始したほうが、倦怠感の症状も大きなものにならない場合が多くなります。
症状は治療によってだんだんと回復してきますので、医療機関での診断がお勧めです。

 

 

膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹の原因は医学的にははっきりしていることが多いので、医療機関で検診を受けて、その診断結果をもとに医師の指示に従って治療を行って行くことが最良の方法になります。
その際に、症状を悪化させてしまうと治るまでの期間が長くなってしまったり、深刻な合併症が出てしまうこともありますので、膠原病のときに顔の皮膚に現れる赤い湿疹については迅速な検診が望まれます。

スポンサーリンク