膠原病のひとつである間質性肺炎の予後生存率について

膠原病のひとつである間質性肺炎の予後生存率について

スポンサーリンク

膠原病のひとつである間質性肺炎を発症してしまった場合の予後生存率はどのような感じになってしまうのでしょうか?このサイトでは膠原病のひとつである間質性肺炎を発症してしまった場合の予後生存率とその場合の対処法について紹介していきます。

 

 

【膠原病のひとつである間質性肺炎とは】
膠原病はいくつかの疾患の総称としてとらえられています。
その中で間質性肺炎になってしまうと、自分の持っている免疫系に異常が起きてしまいます。
そのために体中のいたるところ炎症が起きてしまって、痛みや発熱に悩まされてしまうことになります。
また、この疾患は女性に非常に多くみられるという特徴もあります。
これまでは30代以降の女性に多くみられる疾患でしたが、20代の女性の方でも発症することがあります。
予後生存率は5年では50%、10年では20%となっていますので、膠原病のひとつである間質性肺炎を発症してしまった場合には健康管理に特に注意をしていくことが必要になります。
薬での治療以上に健康管理は重要な意味を持ってきます。

 

スポンサーリンク

【間質性肺炎の予後生存率】
間質性肺炎の予後生存率は10年で20%となっており非常にシビアなデータとなっています。
しかしながら、生存率20%というのあくまでも平均的な値ですので、予後生率の値を気にしすぎる必要はありません。
重要になってくるのは、病状を悪化させないことなのです。
病状が悪化してしまうと他の病気を併発してしまう可能性もでてきますので、長生きすることがしにくくなりますが、悪化させなければデータ以上に長生きをすることも可能になってきます。

 

 

膠原病の一つである間質性肺炎は非常に深刻な病気であるのは言うまでもありませんが、医師に指示に従って自分の健康を管理して、その病状を悪化させなければ、従来のデータ以上に(予後生存率)以上に長生きすることが可能になってくることでしょう。
一般的に膠原病の病状を悪化させないためには、早期治療が重要なカギになってきます。

 

 

スポンサーリンク