膠原病の血液検査で用いられる抗核抗体の数値が40倍の時の対応

膠原病の血液検査で用いられる抗核抗体の数値が40倍の時の対応

スポンサーリンク

膠原病の血液検査で用いられる抗核抗体の数値が40倍の時の対応はどのようにするのがいいのでしょうか?40倍だと膠原病であると考えたほうがいいのでしょうか?このサイトでは血液検査の結果への対応法について紹介していきます。

 

 

【膠原病の血液検査では抗核抗体反応が用いられています】
膠原病は根治することが難しい病気ではありますが、いくつかの検査法を併用することによって膠原病病気の発症の有無を診断することが可能になっています。
病気であるかどうかを診断する場合には血液検査によって抗核抗体反応の検査が行われます。
一般的にその数値が40倍の時には陽性と考えることになっているのですが、反応が陽性=膠原病を発症していることにはならないことを留意しておくといいでしょう。
陽性の場合にはもちろん病気を発症している可能性が高いので、他の検査方法も併用して膠原病の発症の有無を検討していくことになります。
担当のドクターが病気であるかどうかを判断するのはあくまでも総合的な検査の結果であって、血液検査の結果だけではありません。
40倍の抗核抗体反応と聞くと40倍という数値にびっくりするかもしれませんが、体の中では時として40倍よりもはるかに大きな100倍の数値や1000倍の数値の反応が現れることもあるのです。

 

スポンサーリンク

【抗核抗体反応だけでなく総合的な検査が必要】
逆に抗核抗体が陰性であってもそれは病気ではないということを意味しているわけでは有りません。
膠原病がいくつかの疾患の総称ですので、血液検査が陰性になるタイプの疾患も存在しているからです。
ですから、血液検査の結果は一つの検査の結果であるので、病気かどうかについては、複数の検査結果からの医師の総合的な判断を仰がないといけないと言えます。

 

 

膠原病の血液検査で用いられる抗核抗体の数値が40倍と聞くと少なからず誰でも驚かされるかもしれませんが、病気かどうかの判断はどんな場合も医師の総合的検査結果からの判断ですので、数値に踊らされることが無いようにしましょう。

スポンサーリンク