膠原病の治療薬で太る原因とは

膠原病の治療薬で太る原因とは

スポンサーリンク

膠原病の治療薬で太る原因はどのように考えるのがいいのでしょうか?病気を治すのには薬が絶対に必要ですので、太ることは我慢して治療を続けるのがいいのでしょうか?このサイトでは原因とその対処法について紹介していきます。

 

 

【膠原病はホルモンバランスの異常と関係している】
膠原病を発症してしまうと、ホルモンバランスの乱れが体の中で起こってくることがしばしばです。
そのために膠原病の治療に際してはホルモン薬による療法が用いられることが多くなります。
実際に体の痛みや腫れなどは確実にホルモン治療によって解消するのですが、体の中にあるホルモンの量が通常よりも蓄積によって増えてしまって、その原因によって治療薬で太るということが起きてしまいます。
病気の症状が抑えられるのはもちろんいいことですが、必要以上に体が太るのが決して健康的ではありませんので、かかりつけの医師に相談をして対処法を相談してみるといいでしょう。
場合によってはホルモン療法以外の方法で病気の治療を行うことができるようになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

【生活リズムの改善】
治療薬の副作用で太ることによって、体を重く感じるようになってしまうと、それが原因で生活リズムが崩れてしまいがちになります。
生活リズムが乱れてしまうと免疫力の低下が起きてしまう場合もあり、膠原病を悪化させてしまう原因になる場合があります。
生活リズムが乱れてしまうと、体に精神的なストレスを与えてしまうことも起こりやすくなりますので、それが原因となってとしてこれも膠原病を悪化させてしまうことが考えられます。
益々太ることが起きてしまうことも考えられます。
いわゆる悪循環になってしまって、健康を大きく損ねてしまう原因になってきます。

 

 

膠原病の治療において、ホルモン薬による治療を行うことは大きな効果が期待できる反面、薬による副作用が起きてしまう可能性も考えられます。
太ることがきになる場合には担当に医師に相談をして適切な対処をおこない、病気を悪化させないようにすることは非常に重要なポイントになります。

スポンサーリンク