膠原病の症状と平均寿命

膠原病の症状と平均寿命

スポンサーリンク

膠原病というとあまり聞き慣れない病気かもしれませんが、全身の臓器に炎症がおこり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群の総称です。
膠原病患者の平均寿命は健康な人よりも短くなると言われています。
ここでは、膠原病の主な症状と平均寿命について紹介します。

 

 

【特徴】
膠原病は共通する性質の病気を総称する言葉で、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーブ連症候群などが含まれます。
関節の腫れやこわばり、痛みなどの症状が共通しています。
膠原病は細胞と細胞の間にある結合組織に異常が現れます。
細胞同士を結び付けているものを膠原繊維と言い、これが病の名のもとになっています。
、結合組織は全身に存在しているため、関節や臓器などどこでも病気が現れる可能性があります。

 

 

【平均寿命が短くなる?】
膠原病患者の平均寿命は、健康な人の平均寿命より6〜9年短いと言われています。
膠原病が直接的な寿命の短縮の原因となるわけではなく、発症初期の適切な薬物療法の有無がその後の死亡の時期を左右する要因になります。

 

 

膠原病は単独の病気ではなく、いくつかの病気からなる総称です。
その中でも関節リウマチが有症率が最も高く、関節の痛みや腫れ、体のこわばりといった症状が現れます。
病気が進むにつれて関節が破壊される症状が現れ、一度破壊された関節は元には戻らないと言われています。
そのため。
、発症初期の適切な治療が重要であり、万が一病気にかかった場合でも平均寿命を延ばすことへとつながります。

 

スポンサーリンク

【不治の病?】
膠原病は現在の日本の最新医療技術をもってしても根治療法が確立さておらず、完全に治すことは不可能だと言われている難病です。
しかし、近年は研究も進み、治療法も進歩してきています。
ステロイドや免疫抑制剤、消炎鎮痛剤などを使用することで炎症をある程度抑制することができ、日常生活に支障のない程度にコントロールすることが可能となってきています。
関節症状や変形などに対しては、整形外科的な手術が行われることもあります。

 

 

発症初期の段階で適切な治療を施しさえすれば、健康な人と同程度まで平均寿命を延ばせる可能性があるといえます。

 

 

近年の研究によりその症状を抑える術も進歩してきていますが、その後の経過は発症初期に適切な処置を施せるかどうかにかかっているといえます。
疑わしい症状が出た場合は、まず専門の医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク